チョコレートのかたまりをどうやって消費するか

ニューヨークに遊びに行った友達が、おみやげにチョコレートをくれました。

海外旅行のおみやげのチョコレートというと、普通は箱に入ったマカダミアナッツチョコとか、缶に入った小さめの板チョコのアソートとかを想像するでしょ。

でも違った。ずん。

写真 2014-11-13 12 52 28

 

これを見て「チャーリーとチョコレート工場殺人事件」という映画のプロットが頭に思い浮かびました(笑)。


チャーリーとチョコレート工場 [Blu-ray]をAmazonで購入

最近ではチョコレート専門店に行くと、プレート状になったチョコレートをグラム単位で好きなだけ購入することができますが、こんなブロック状のチョコのかたまりが我が家にやってくるのは初めてです。

どこのお店で買ったのかな、と思ってラベルを見てみると、

 

Fairway Market というスーパーマーケットで買えるんですね。

さすがニューヨーク、スケールがでかい。

このFairway Market、ニューヨークにいくつも店舗をかまえているようで、どうやらこのチョコレートはアッパーイーストサイドのヨークヴィル店で売られているもののようです。

ホームページを見るとこれぞアメリカンな食材のテーマパークといった感じ。

Fairway Market ホームページ : http://www.fairwaymarket.com

七面鳥のローストの予約が始まったりしていて、クリスマスが近いことを思い出させてくれます。

 

さて、ラベルをよくよく見ると、”CALLEBAUT UNSWEETENED CHUNK” って書いてあります。

Callebaut というのはスイスに本拠を置くチョコレート会社のようなのですが、そこじゃなくて、問題は”UNSWEETENED” なんです。

甘くしてない!

味見をしてみると、確かに砂糖の入っていないチョコレートでした。

妻は半泣きになりました。

 

さて、砂糖の入っていないチョコレートをどうやって食べるか考えてみたんですけど、牛乳に砂糖と一緒に溶かして、ホットチョコレートを作るぐらいしか思い浮かびません。

妻の好きなスターバックスのチョコレートチャンクスコーンを作ってみようかなとも思って、スコーンのレシピを調べたりしたんですけど、やっぱりチョコが甘くないとおいしくないんじゃないかという気がします。

こういうとき、男はあれこれ頭で考えてしまってダメですね。その点、女性は違います。

妻が自分のお腹と相談しながら作ってくれたのは、

写真 2014-11-12 9 38 27

トーストの上に火を入れて甘みを増加させたバナナに、砕いたアーモンドと削ったチョコチャンクをトッピング。

これはチョコのほろ苦さとバナナの糖分がマッチしていて美味しかった。アーモンドの食感も楽しいです。

チョコレートそのものは、カカオのとてもいい香りがして、舌ざわりも滑らかでとても品質の良いものでした。甘くないけど。

 

とはいえ、あれだけのかたまりなので、ちまちま削って食べるにも限度があるんですよね。

他にも食べ方を考えないといけないな。

写真 2014-11-13 8 22 47

 

げっ、今日はチョコレートの量が増えてる。

コメントを残す

CAPTCHA