小平市にあるサンドイッチ屋さん「とまと」に行ってきた

サンドイッチが好きである。

ハンバーガーも好きなんだけど、サンドイッチも大好物なんです。

朝、どんなに大変な一日になりそうでも、軽くバターを塗ったパンにゆで玉子や野菜、シーチキンを挟んで、おいしいコーヒーとともにかぶりつけば、なんとかその一日は乗り切れそうな気がしてきます。

肉や野菜だけでなく、フルーツや餡などとも相性がいい、その懐の広さも魅力的なんですよね。

それほどにサンドイッチ好きなものでして、雑誌でサンドイッチの特集があるときなんかはたいていは買ってしまいます。

最近、とくに素晴らしかったのは、POPEYE 809号の「サンドイッチと……。」特集だったなあ。

POPEYE (ポパイ) 2014年 09月号をAmazonで購入横道世之介がアルバイトをしていたような一流ホテルのレストランのサンドイッチから、庶民の味方の街のサンドイッチ店まで、お店の情報がとても充実していました。

それだけじゃなく、場末のゲームセンターにある、サンドイッチの自動販売機の情報まで載っていて、最近のPOPEYEの取材力にはホント、目を見張るものがあると思います。

ところで、土曜日は小平でフットサルがあったので、前から行きたいと思っていたサンドイッチ店に寄ってみることにしました。

そのお店の名前は「とまと」。一橋学園駅と青梅街道駅のそれぞれ駅前に、2店舗をかまえている街のサンドイッチ屋さんです。

僕はいつも武蔵野線を使うので、新小平駅から徒歩で、青梅街道店の方に行ってみました。

店頭にはガラスのショーケースがあって、3段になった棚にサンドイッチが並んでいます。

どれもおいしそうだったんですけど、今回は1品だけ。悩みつつも「フルーツミックス」を1個購入しました。

駅のベンチに座ってさっそく食べることに。

IMG_4238
具材はたっぷりの生クリームのあいだに、シロップ漬けのみかん、キウイ、パイナップル。

昔なつかしい、素朴な味わい。

おいしくて多摩湖線が来るまでの3分くらいのあいだに完食しました。

「フルーツミックス」のとなりには「しろくま」があって、これは九州のフルーツかき氷「しろくま」をイメージした、お店の看板商品だと思います。冷やして食べてもおいしいのだそうです。今度はそれに挑戦しよう。

デザート系のサンドイッチだけじゃなく、定番のたまごサンドやハムサンド、コロッケやおさかなタルタルなどの揚げ物系や、チキンやハムカツのがっつり系もあるので、お腹いっぱい食べたい人もお手頃価格で満足できると思いますよ。

マヨネーズは自家製を使用とのこと。コンビニのよく分からない添加物が使用されたサンドイッチよりよっぽど安心です。

コーヒーなどのドリンクも販売していて、店内でイートインもできるようになっていました。

こういうお店が自分の家の近くにあるといいのにな、と思わせる街のサンドイッチ屋さんでした。


あの人気店の絶品サンドをおうちで! サンドイッチレシピBOOKをAmazonで購入

コメントを残す

CAPTCHA