スイスで飲んだお酒たち

9月から10月にかけて、スイスに行ってきました。

いまはその写真の整理をしているのですが、現地で飲んだいろいろなお酒の写真がでてきたので、ここでまとめてみようと思います。

2014-09-11 11-18-46

これは行きの機内のウエルカムドリンクで飲んだスパークリングです。

東京から乗り換えのフランクフルトまで約12時間。もちろん席は狭いエコノミーなので、気分が悪くなったりしないか心配だったのですが、映画を3本観たりして、なんとか何事もなく過ごすことができました。

2014-09-13 17-07-47

こちらはGryonという街にある山小屋レストラン、L’Erableで飲んだ白ワイン。

ピノ・グリという、ブルゴーニュワインで有名なピノ・ノワールの変異種で醸造した白ワインです。

L’Etable ホームページ : http://www.etable-gryon.ch

2014-09-18 22-18-47

ジュネーヴのキオスクでよく見かけたSWISS BEER。いかにもなデザイン。

ジュネーヴはフランス語圏ですが、スイス全体はドイツの文化圏でもあるので、キオスクやスーパーで売られているビール(フランス語ではビエール)の種類は豊富でした。

2014-09-20 12-24-09

ベトナム料理店ではシンハーとフォーをいただきました。

ベトナムは長くフランスの支配下にあったので、フランス語圏のジュネーヴではベトナム料理は親しまれているようでした。

シンハーはタイのビールですが、やはりエスニック料理には一番合う気がします。


SINGHA(シンハー) 330ml×24本をAmazonで購入

2014-09-20 20-57-41

ベルギーの通称「悪魔ビール」のデュベルもありました。

物価の高いスイスですが、ビールは日本よりもちょっと安いぐらいの感覚。


デュベル330ml×12本をAmazonで購入

2014-09-22 19-08-52

ジュネーヴ市内にお住まいの親日家のドリスさんのお宅でごちそうになったワイン。

スイス南西部にヴァレ−地方というワインの一大産地があるのですが、そこのRouvinezというドメーヌで造られているワイン。

ピノ・ノワールが8割とガメイが2割のブレンドとなっているそうです。

Rouvinez ホームページ : http://www.rouvinez.com

2014-09-23 20-22-39

Shepherd Neameというイギリスのブリュワリーで造られているIPA。

こうやってヨーロッパ各地のビールが飲めるのがうれしいです。

Shepherd Neame ホームページ : http://www.shepherdneame.co.uk/brands/ales/india-pale-ale

2014-09-27 02-11-36

ジュネーヴのスーパーマーケット coop で同時購入した赤ワイン。

左はジュネーヴ州のDomaine des Charmesのガメイ。

右はヴァレ地方にあるサルゲッシュ村のピノ。

ちなみに両方を飲んだ3人のなかでは、左のガメイの方がおいしいということで意見が一致しました。

Domaine des Charmes ホームページ : http://www.domainedescharmes.ch

2014-09-27 14-42-43

シメイは日本でも見かけるベルギーのトラピストビール。

トラピストビールというのは、文字通りトラピスト会修道院で造られているビール。

世界8カ所の修道院で造られているもののひとつだそうです。

これは通常よりもホップの分量が多いホワイトタイプです。


CHIMAY ( シメイ ) ホワイト 330ml 6本をAmazonで購入

2014-09-29 18-39-34

Feldschlösschenという、スイスとドイツ国境の街ラインフェルデンで造られているビール。

工場直営のレストランもあるみたいですよ。

Feldschlösschenホームページ : http://www.feldschloesschen.com

2014-09-30 20-17-37

リスのラベルがかわいらしいビール。

スイス中部の都市、ルツェルンのEichhofという醸造所で造られているビールです。

ルツェルン、と言えば瀕死のライオン像が有名なのですが、なぜリスなんでしょうかね。

Eichhofホームページ : http://www.eichhof.ch

2014-10-01 17-08-45

こちらはトカゲですね。

スイスのモントルーとルツェルン間を結ぶゴールデンパスラインという観光列車の車内で飲んだ赤ワイン。

レマン湖のほとりにあるワインの産地、ヴォー州のワインです。

ゴールデンパスラインのオリジナルエチケットになっていました。

Badoux Vinsホームページ : http://www.badoux-vins.ch

2014-10-04 19-45-59

ジュネーヴを発つ前のささやかなカレーパーティーの時に飲んだのはAmsterdam Navigatorというオランダのビール。

このビール、グラスに注ぐと甘いカラメルの香りが立ち上って、とてつもなく甘いビールでした。

Amsterdam Navigatorフェイスブックページ : https://www.facebook.com/pages/Amsterdam-Navigator/48375833495

この他にも、ヴォー州にあるビオディナミを実践しているワイナリーを訪ねたり、レストランやホテルでもっと多くのビールやワインを飲んでいるのですが、とりあえずちゃんと写真が残っていたのはこれだけでした。

ヴォーのビオディナミについてはもっと詳しくご紹介したいので、別記事で後日また書きますね。

 

コメントを残す

CAPTCHA