松阪牛や飛騨牛の出身地・奥三河の焼き肉レストランで食べられる鳳来牛とは?

「国産黒毛和牛」と言うと、どんなブランド牛を思い浮かべるだろうか?

前沢牛や近江牛。米沢牛なんかもすぐに思い浮かべるかもしれない。
こうやって挙げてみると、日本には本当にたくさんのブランド牛があって、日々肉質の向上を競い合っているんだなあと実感する。
そんなブランド牛のなかでも、やっぱり王様といえるのは松阪牛ではないだろうか。
だって、ビールを飲ませて育ててるんですよ。
これは胃腸内の発酵状態を良くして、牛の食欲を増進させるという目的があるのだが、そんなこととは別に、なんだか豪華な感じがするではないか。

で、その松阪牛だが、実は全国各地から仔牛を飼ってきて、肥育して「松阪牛」として販売しているのだ。
買われてくる仔牛のことを「素牛」という。ドナドナ。
前置きが長くなった。
そんな松阪牛や飛騨牛の素牛として供給されている、全国的にもレベルの高いブランド牛が、愛知県の奥三河の地にあった。
その名を「鳳来牛(ほうらいぎゅう)」という。

鳳来牛を育てているのは愛知県の新城市。
いわゆる平成の大合併前は鳳来町と呼称されていた地区である。
このあたりには「長篠の戦い」の舞台となった長篠城址や、「声のブッポウソウ」で名高い鳳来寺山がある。
道路を車で走らせていると、ニホンザルや鹿に出会う、自然豊かな土地である。

そんな旧・鳳来町にあるJA直営の焼き肉レストランが「こんたく長篠」。

写真 2015-05-14 18 11 39


こんたく長篠ホームページ

このレストランでは3名の肥育農家によって育てられているという貴重な鳳来牛を食べさせてくれるのだ。

写真 2015-05-14 11 30 59
セットメニューが豊富。
ランチでさらにお得に食べることもできる。

店内に入ると、非常に広い空間がひろがっている。
ぼくたちが行った夜は中央の掘りごたつ席で地元企業の歓迎会が行われていたようだったが、それでもまだ座席には余裕があった。
メニューにはハンバーグやカレーもあったが、考えるまでもなく焼き肉を選択。
ぼくと妻のふたりとも、一週間の山ごもり撮影と風邪のせいでだいぶ体力を消耗していたので、ちょっと贅沢に焼き肉で打ち上げをしようということに。
注文したのはAセット(特上ロース、肩ロース、牛タン)と中落ちカルビ、そして野菜の盛り合わせ。

写真 2015-05-14 18 22 06
見よ、これが鳳来牛の特上ロースと肩ロース。
気合いの入ったサシの入り具合である。

写真 2015-05-14 18 23 09
牛タン。
残念ながらこれはアメリカからの輸入牛。

写真 2015-05-14 18 39 55
中落ちカルビを無煙ロースターで焼く様子。
こぼれ落ちる脂がもったいないじゃないか!

鳳来牛の味わいは、サシの多い見た目ほど全然脂っこくなく、口に入れた瞬間はそれこそ「溶けてなくなる」黒毛和牛の魅力を味わえるのだが、そのあとはすっきりと脂が流れて、胃がもたれない感じ。
最近はカルビよりもロースのほうが美味しく感じるようになったぼくたちにとっては、もってこいだった。

レストランのとなりにはJAの直売所があって、野菜や特産品を購入することができる。
地酒の蓬莱泉も買うことができるので、あわせてのぞいてみてはいかがだろうか。

食べログで「こんたく長篠」の詳細を見る

ところで、2015年5月30日から6月28日まで、新城市内の旧門谷小学校において、現代美術作家7名による企画展「見ることのかたわら」が開催中。ぼくの妻や、富士の山ビエンナーレにも出展していた鈴木孝幸さん、山口貴子さん、升谷絵里香さんも参加されているので、お時間があればぜひこちらにも足をお運びください。

最高級 バラ 味付き 牛カルビ 800g 【2個注文で】1個オマケ【3個注文で】2個オマケをAmazonで購入

コメントを残す

CAPTCHA